Cozy Diary 謝罪という奥深さ、奥ゆかさ 忍者ブログ   
surveillance
  Cozy Diary
  ++日々の日記++ おいしいもの・たのしいことをのんびりと
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   


上質なコミュニケーション
こいつらは、、、上質なんだろうか(汗)
   

   
こんな本を読みました。
謝罪の技術

【送料無料】謝罪の技術

【送料無料】謝罪の技術
価格:1,365円(税込、送料別)



謝罪ってコミュニケーションの中でも特化して一番難儀なものだと思います。
有名人、著名人、政治の世界でも、テレビを見てても、謝罪と一言でいっても、
それがどんなに難しいものか、、と思いますし、
仕事でも、プライベートでも、謝罪をするのも、受けるのも
相当なエネルギーを要するものだなと。

以前こんなことがありました。
こちらは悪意なく、元気づけようとしたことが、悪意と取られ、完全無視と決め込まれ、
何をやっても、なしのつぶて。
当初、こちらは何が原因か全くわからないものですから、
私の言動で何か気分を害してしまったとしたら謝りたい、
本当にごめんなさいとメールを送っても完全無視。
途方に暮れて、どうしたらいいのかわからず、
もうこれはご縁がなかったのかなと素直に身を引こうと思っていた矢先。
それで終わればよかったんですが、その人は私のメールを、
自分のブログで大公開しちゃったんです(=_=)

はぁあああ?????こ、、、これが原因????
背筋がすーっと寒くなりました。こんなことで人を怒らせてしまうんだと。
しかも、直接私に言わず、ブログで公開って何?

もちろん、私は嫌な気分を与えようなど、これっぽっちも思っていなかったことでしたが、
ものすごく悪意があるようにコメントされていました。

その人はマーサスチュワートのような木徳な生活のお姫様なお方なので、
信者も多く、取り巻きに対し、
こんなこと言ってきた人がいるのーーーひどいでしょーー?と
言いたかったのでしょう。

もう、私としては、どんな弁明も受けられてもらえる時期はとうに過ぎてしまい、
いや、そういう意味でいったんじゃないのなどと、
もうそんなコミュニケーションとることすら許されない次元にいってしまったのです。

なぜか、そのあと、記事ではそのメールの部分が削除されていましたが、
あのとき、何が起こったかわからない私が送ったメールに対しては無視したくせに、
謝罪をも受け付けてくれないまま、自分勝手にメールを晒すなんて、
なんと心の狭い、、、と思ったものでした。

そのあと、義理としか思えないコンタクトがありましたが、一切拒否いたしました。
決してそれが私の謝罪を受け入れたわけでもないのは十分わかっていたし、
対外的な義理をおしつけらるような、そこまで好き勝手させるのはどうしても許せず。
なんとプライドの高いお方、、と、相手に対しあきれたのが理由であります。

ちなみに、その拒否った行動が、オバカな取り巻きの逆鱗に触れ、この時の騒動につながります。
というか、今でもつぶやきを見られて、うだうだ文句いってる模様。

好きの裏返しじゃない?愛されてるんだよなどという意見もありますが、
いや、単純に、本当に暇なんだろうなぁ。ワイドショーのネタ探しのような感じ?
お願いだから、ストーカーみたいなことやめてね★
あなたとは、もう何の関係もないし❤ とまあ、好きにさせておりますww

ただ、この本を読んで思ったんですが、自分も含めて、謝ることを受け入れてもらえるって
それがどんな結果であろうと、すごく謝意に値することだと思うんですよね。
そして自分も謝罪を受け取る心って培っていきたいなと思う。
そういう心って、すごく大事な心の豊かさからくるものなのかなと思ったり。

相手にとっても、自分にとっても、それすら受け入れられないというのは、
その時点でコミュニケーションを拒絶するということ。
それって人間関係の上で、バロメーターになるのかなと思ったり。
過剰なエネルギー費やしてまでも、この人とつながっていたいか?みたいな。
結果、もうつながっても意味がないと思ったら、面と向かって謝罪なんてしないものですよね。

それから最近、昔、ちょっと心にひっかかっていたことを、クリアにする機会に
とんとんといくつか迎えることができました。
それぞれ、お互い、すごく素直になれたし、あの時はね、、とその時の状況を素直に謝り合い、
理解して、長い間たまっていたものがすーっと浄化されていく気がしました。
時間がたって、自分の中の何かが成長し、それで和解できたりすることもあるんですよね。

謝罪をする、謝罪を受け取るというコミュニケーションって、本当にお互い緊張するし、
自分に向き合う究極の行為だから、へこむことも多い。
けど、この本で書いてある「心を込めないほうが謝罪はうまくいく」っていうのに、目鱗でした。
ネガティブに感じ取れる言葉ですが、これって結構考え方の転換というか、
真意を言い当ててると思います。

自分にも相手にも負担をかけない謝罪の仕方、これを取得できたら、
すごいよなぁと思えた本でした。

拍手

PR
   
   
               
  
About me
管理人:Tomoko
のんびりが大好き
おいしい食べ物や楽しいことを
沢山つづっていきます。
愛眼K10Dで写真を撮るのが好きです。
※写真をクリックすると大きくなります。
どうぞよろしくお願いします(^-^)

★キスしたくなるくちびるコンテスト2011★


私の
本館HPです。


お知らせ



2006.9月
日記の引越をしました。

++ 以前の日記 ++

06/5-06/8

05/01-06/05

Twitter
Twitterやってます。遊びに来てね★
コツまみ
私の食べログ♪
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Archive
Reccomendation
☆期間限定☆
全品に拡大 無料配送キャンペーン

☆甘やかさない化粧液☆
超逸品!


☆私の料理の必需品☆


☆ペットにも人間にも☆
オメガ3で免疫力UP


Search
traduction trouvée
B-Promotion
口コミレビューサイト♪
ブログでクチコミ B-Promotion
Star Beauty
Bling
Rec
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Cozy Diary ++ Template Designed BY (C) Tomoko
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++