Cozy Diary 2009 NZ旅行記★再会その2 ~序章 忍者ブログ   
surveillance
  Cozy Diary
  ++日々の日記++ おいしいもの・たのしいことをのんびりと
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   


懐かしい思い出話から・・・    

   
前回の続き

私の旅スタイルは、もちろん観光目的もあるんですが、
一番好きなのは現地の人と同じ生活をすること。
今回のNZも、2家庭にお世話になり、
まさに地元生活にどっぷり浸かった滞在となったわけです。

そして、15年ぶりにあったみそはむちゃんの他、
もう一つこれまた久々に会うホストファミリーとのうれしい再会がありました。

NZは、私が通ってた学校の交換プログラムで初めてホームステイをした国でもあります。
いくつかの都市を回り、現地に住む方のおうちにお世話になり
ホームステイを各家庭で5日ほどしながら転々とし、一ヶ月をNZで過ごす、、というプログラムがあり、
私はそれに参加をしたのです。

当時全てのファミリーの情報は日本でもらっていたのですが、
日本から着いて1家族目のホームステイの出来事。
事務局の連絡ミスで、私は現地でホストファミリーの変更を知り、
どんな家族かもわからないおうちにステイすることになったのです。
そう・・・ カナダのときもそうでした。こういうことって多々あるもの?
数少ない私のホームステイ体験で、
ものすごい確率で見知らぬホストファミリーと暮らすことになるなんて
まあ運命の出会いのプレステージってとこでしょうか(笑)
結果、両家庭ともご縁があって、今でも交流できている出会いになったので、
後々考えてみれば、私的にはうれしいハプニング!だったんですけどね。

ただ当時はてぃーんの私。子供のとき、家族にちょろちょろくっついて海外にいたのと違い
全く一人、しかも初めてのホームステイ先が急に違う人って言われて
心細くてすごく不安で・・・きっと顔にも出ていたんだと思います。
私のホストは当時16歳だったJくん。
一緒にいった他の子たちは女の子のおうちにホームステイでしたが、
私のみ男の子。しかも知らないおうち。
で、Jくん、おうちに向かう車の中で一生懸命話しかけてくれたんですが、(あちらは16歳から運転可)
当時私は全然英語もしゃべれなくて、うまく心のうちも説明できず、
もう泣きそうな顔で、どこに連れて行かれるんだろう、、って態度ムンムン。
Jくんは、私がホスト先が変わったのは知らなかったと思われ、
すごい不穏な空気に車内が包まれてました(笑)

着いてみれば、2匹のわんこ、そしてやさしいパパとママ、
そしてかわいいJくんのお姉ちゃんのVちゃん。
知らない人たちとはいえ、ほっとしたことも良い思い出。

5日のステイが終わることには、もう私はすっかりニュージーランドラバー(笑)
涙涙の別れのあと、数年後はVちゃんの21歳のバーステーパーティにあわせて再度会いにいき、
そのあと友達をつれて遊びにいったり、
またVちゃんが日本にきてくれたりと、交流は盛んだったと思います。
が、それを最後に、カナダの長期滞在を機に私の方向は北米へスイッチ。
別に忘れたわけじゃないんだけど、NZは特別な国、
でも特に遊びに行くチャンスもなく、家族との連絡もクリスマスカードのやり取りのみになっていました。



で、今回突然、17年ぶりにNZに行こう!と思ったのは、
知り合いが出張でNZに行ったという話を聞いたことがきっかけでした。
もう現地でどんなに景色がきれいで、人がやさしくって、、、と
うっとりと話すその人の顔をみていたら急に

「・・・・・あ・・・私も久々に行ってこよう。」

と、多分、ものの、10秒で決めたと思います(・∀・)
大体私は、直感人間で、全て決断は即時なんですけど、これもほんとに衝動的。
呼ばれた、、っていうか、本当にものすごい流れで、決断したのが
今から思えばとても不思議。
現在、みそはむちゃんがNZに住んでることもあり、
私としてはとっても気軽に「いーっちゃおーー」みたく決めちゃったんですが
日が近づくにつれ、なんだか妙にきんちょー(笑)

それは、、、あの20年前のNZがあって、カナダに行き、今の自分がある。。。
いわばNZが私にとってのターニングポイントだったところで、
今の私がいるのは、若いときのNZ体験があったからこそ。
だからなのかな、何も考えてなかった若かりし頃の私が感じたピュアな感動を
時たった私も同じように感じられるのか・・・とちょっぴり不安でした。
「昔はあんなに感動したのに、、」とか思ったらある意味ショックな感じ。
うまく表現できないんだけど、NZは私のOrigin Placeであり、
自分の人生を躍動させたきっかけになった特別なところなので、
多方面から見ても「幻滅したくない」国なんですよね。

しかも若かったころの経験浅い感情で、
NZにてきゃーきゃー喜んでいた自分と今は確実に違います。
そういう意味でも、同じようにNZの空気を吸い込めるか、、とか、
この泥臭い日本社会で疲れて汚れきった心(?)が、
素直にNZの自然と人々を受け入れられるのかとか(笑)
また、ファミリーもパパとママが離婚したり、
子供たちはみんな結婚して子供がいたりと、
もちろん、このギャップの時間で、それぞれ色々な変化があり。
そんな変化も含めて、全てキャッチアップできるのかとか、
少しだけ不安な出発前の私でした。

前置きが長くなりましたが、私がNZにいくことになった経緯と、
ニュージーランドのファミリーとの出会いはこんな感じです。
その家庭での素敵なステイ風景は、また次のアップで(^-^)

関連記事
ただいま♪

2009 NZ旅行記★再会その2 ~会話編

2009 NZ旅行記★再会その2 ~家族編

2009 NZ旅行記★かわいい動物たち

2009 NZ旅行記★おいしい食べ物編

拍手

PR
   
   
               
  
About me
管理人:Tomoko
のんびりが大好き
おいしい食べ物や楽しいことを
沢山つづっていきます。
愛眼K10Dで写真を撮るのが好きです。
※写真をクリックすると大きくなります。
どうぞよろしくお願いします(^-^)

★キスしたくなるくちびるコンテスト2011★


私の
本館HPです。


お知らせ



2006.9月
日記の引越をしました。

++ 以前の日記 ++

06/5-06/8

05/01-06/05

Twitter
Twitterやってます。遊びに来てね★
コツまみ
私の食べログ♪
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Archive
Reccomendation
☆期間限定☆
全品に拡大 無料配送キャンペーン

☆甘やかさない化粧液☆
超逸品!


☆私の料理の必需品☆


☆ペットにも人間にも☆
オメガ3で免疫力UP


Search
traduction trouvée
B-Promotion
口コミレビューサイト♪
ブログでクチコミ B-Promotion
Star Beauty
Bling
Rec
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Cozy Diary ++ Template Designed BY (C) Tomoko
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++